LW25周年記念GIZAスウェット出来上がりました!

通称裏赤(ウラアカ)、コードナンバーGIZA458896と呼んでいるLW25周年記念スウェットが出来上がりました。千駄ヶ谷、大阪、福岡ともに5/23木曜からの販売開始となります。僕でSサイズ(LW01はMサイズを着ています)でちょうど良い感じの全く新しいパターンを引きました。少しだけリラックスした感じで着用いただけるかなと思います。大正紡績さんでGIZA45とGIZA88(赤綿)のデッドストックを見つけた時から始まったのこの25周年プロジェクトですが、ようやくみなさんにお届けできます。17年間眠っていた世界最高峰GIZA45ヴィンテージ原綿の生成りを現在手に入る最高峰のGIZA96の原綿をワタの段階でグレーに染めて、この二つのワタを混紡してグレーメランジの60番単糸を大正紡績で紡績してもらいました。それを双糸撚りして60/2をつくり表糸と中糸に使用しています。裏糸は通称赤綿と呼んでいるGIZA88のデッドストック(これは7年もの)を紡績してもらいヴィンテージ感ただよう赤味のある7番という今までLWでつくったことがない太さの裏糸をつくりました。そうして吊り編み機で編んだ生地がこのLW25周年吊り裏毛となります。シルアルナンバーが入ります。記念LWマークです。トートバッグはオーガニックコットンを使用して今回の記念になるように製作していただきました。サイズはS~XLまでの4サイズ、販売価格は66,000円(税込)となります。記念すべきGIZA458896のスウェットができたのもループウィラーを応援してくださる裏方のみなさんのご縁があったからこそなんだと思います。大正紡績の倉庫でデッドストックのGIZA45の原綿を見たときの震えは今でも忘れません。そこからスウェットというカタチになるところまで、多くのみなさんの思いが手から手へと紡がれて今日となりました。あとはループウィラー大好きなみなさんに着てもらえることが一番嬉しいことかなと思っています。どうぞよろしくお願いします。@鈴木さとし

ウール吊りパイルその3

受注会のお足らせ最終アイテムです。ウール吊りパイルを使用して製作したシープモックスウェットです。これは何度もサンプルをつくり直しました。パターンはループウィラーにして珍しいドロップショルダーで身幅も少しゆったりとさせてますが着丈はレギュラーの着丈で製作しています。このウール吊りパイルに合うフライスを編み立てるのはなかなか至難の業でしたのでスウェットをつくりたくても衿、袖口、裾に使うフライス(リブ)素材がなくどうしても共地(同じ生地)で製作するしかなくいろいろと知恵を絞ったところで生まれたデザインがこのシープモックネックのパターンとなりました。襟の高さも通常のモックネックよりちょい低めな高さになっていると思います。袖口も裾もこんな感じで少し絞ったパーツで製作しています。カラーはグレーメランジ1カラー、サイズはS~XLまでの4サイズ、販売価格は63,800円(税込)となります。今までのループウウィラーにないようなパターンとウール吊りパイルの素材感が相まってフワッともこっとしたなんともいえない着心地と見た感じが今回の受注会アイテムの中でも特別な存在感を持っているのかなと思います。気に入ってくださると嬉しく思います。これにて受注会2024の全アイテムのニュースが終了となります。現在吊り編みブラザーズがYOU TUBE用の動画を製作しております。こちらも出来上がり次第にリンクを貼ってお知らせしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。@鈴木さとし

ウール吊りパイルその2

シープJKに続きましてはシープベストです。これも良いですね。。。1枚あるとものすごく重宝するアイテムではないでしょうか。スキーにキャンプにお家でも、そしてストリートでも大活躍してくれると思います。冬場の車での移動の時になんかはとても便利かもしれません。いちいち脱がずにすみますので。衿とポケットには64クロスを使用してスマホなんかを入れていただけるくらいのダイズにしていますが、スマホは長時間入れると生地がたれてくる可能性がありますので短時間だけにしてもらえたらと思います。同じくウール吊りパイルはグレーメランジ1カラーですが、衿ポケットがオレンジとネイビーの2色をご用意しています。オレンジはとてもかっこよく、ネイビーはしっくりとくる感じでどちらにするかかなり悩ましい選択になるかなと。スウェットの上に、上級者はTシャツの上にでしょうか。かなり素敵かなと思います。ヤバいという言葉が適切かどうかはわかりませんが、本当に良いアイテムと思います。今回の受注会の目玉と言いましょうか。最高級アウトドアベストですね。本当に新しい感覚がしますので気に入っていただけますと嬉しく思います。サイズはS~XLまでの4サイズ、販売価格は68,200円(税込)となります。高額ですが、後悔しない逸品と思いますので、ご検討いただけますと嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。@鈴木さとし

ウール吊りパイルその1

今年の受注会のイチオシ素材でもありますウール吊りパイルです。使用しているウール100%糸もカシミアシリーズと同じ紡績工場の東洋紡糸工業でつくっていただいてます。手前味噌ですが、本当に良いものができたかなと思っています。吊り編み機で編み立て可能な組織は、吊り裏毛。吊り天竺、吊り鹿子、吊りインレイと今回初めて製作した吊りパイルのたった5種類だけなんです。先の4種類は今まで数多くの糸の組み合わせや、原綿の組み合わせなど、考えられることは深く探究していろいろな種類の編み地をつくってきました。しかしながら吊りパイルだけは未開のエリアで、コットン100%で過去チャレンジはしたものの満足いく編み地は出来上がりませんでした。東洋紡糸のこのウール100%糸を見た時に、これで吊りパイルを編んだら面白いかもしれないと思い今日につながっています。ウォシャブルウール糸ではないので、まずは洗濯縮率との戦いです。ある程度縮むのは覚悟の上で、薬品を使わずなるべく縮まないようにするにはどうしたら良いかのせめぎ合いをしてきました。ガチガチに度目(ドモク)を詰めてしまうとウール吊りパイルのフワッとモコモコした風合いがなくなってしますので、その塩梅と言いましょうか加減を、ループウィラーらしいところに落とし込むのがキモでした。ドライクリーニングがベストですが、家庭で手洗いしていただけるレベルまではいけたかなと思っています。ウール吊りパイルが出来上がった時にこれで何をつくるのがループウィラーらしいのかが思案のしどころでした。自分の過去のライフスタイルからスキーにも山登りにも使えるんだけど道中にも着れて、さらにはストリートでもフィットするような最高級アウトドアJKをつくってみようかなと。そんなふうに考えて出来上がったのがこのシープJKです。とにかくこのウール吊りパイルのフワモコな感じを生かすべくパターンにもこだわり縫製仕様にもこだわり出来上がったサンプルがこれです。本当に良い感じで出来上がったかなと思っています。このパイピング仕様が丸和繊維工業をもってしてもなかなか手強かったようで相当に苦労してくださったようです。衿とポケットには64クロスを用いています。ポケットはスマホが短時間なら入れられるサイズとなっています。ウール吊りパイルは1カラーですが、衿やポケットの色を変えています。オレンジとネイビーの2カラー展開となります。サイズはS~XLまでの4サイズ、販売価格は93,500円(税込)となります。LPWHRとLWマークのプリントを入れています。家で洗濯試験を10回程度しましたが、予想以上に乾きが早く、22時くらいに洗濯をして部屋に吊り干しをしているだけで、翌朝にはほぼほぼ乾いていました。冬場ですので暖房がかかっていて暖かく乾燥しているとはいえコットンではこうはいかないです。フワモコ感と度目を詰めた生地のしっかり感が相まって今まで経験したことのないような着心地になっているかなと思います。今回の受注会の僕のイチオシがこの子かなと思っています。気に入ってくださると嬉しく思います。@鈴木さとし

パラレル4吊り天竺

パラレル4吊り天竺。別名4本引き揃え吊り天竺が、糸を変え改良を加え復活します。2022年までデニム吊り天竺という名称でインディゴ枷染めをした20番手糸を4本引き揃えて吊り編み機にインストールして吊り天竺を編んでいました。糸値の高騰並びに今年からは糸自体が生産できなくなるということになってしまいましたのでやろうにもやれない状況で、昨年からお休みをしておりました。しかしながら皆さんからの熱いご要望がありましたのでなんとかこの技術を継続できないかなと思い昨年から研究を続けてきました。糸番手を30単糸の先染糸に変更して、糸を4本並行に引き揃えて吊り編み機にインストールする試験を幾度となく繰り返しながら、ギリもうこれ以上に度目を詰められないという限界をちょっとだけ超えたギリギリのとこまで攻め込むことがカネキチ工業のみなさんのおかげでできました。ぱっと見、編み物ではなく織物のような感じですが、履くとそこは吊り編み物の良いとこ、やわらかさとしっかり感もあって気持ちが良いところがこの素材の良いところと思います。この素材は初めて見る方もいらっしゃるかと思いますので少しびっくりするかもしれませんが、これぞループウィラーの真髄と思っていただけたら嬉しく思います。カラーはミドルグレーメランジとブラックです。ミドルグレーメランジがとても上品な感じがして僕は好きです。サイズはS~XLまでの4サイズ、販売価格は44,000円(税込)となります。受注会でないと出会えない逸品のひとつと思いますので、よかったらお試しいただけますと嬉しく思います。他のブランドではなかなかできないと思いますので。@鈴木さとし