LOOPWHEELER for Kaptain Sunshine

LOOPWHEELER for Kaptain Sunshine ツインレイヤー外付けパーカが出来上がりました。そろそろKSさんのお取り扱い先で店頭に並ぶころかと思います。近しいところではBeams Plusさんでの展開予定だそうですので、気になる方はお早めにお問いあわせいただけましたらと思います。カラーは表オートミールx裏グレーメランジと表マリンx裏グレーメランジの2カラーでサイズは36サイズと38サイズの2サイズとなります。販売価格は45,000円(税抜)となります。素材にLWライト吊り裏毛を2枚重ねして、しかもフードを外付けにして今風のビッグサイズのパターンで製作しています。元はと言えば、KSデザイナーの児島晋輔氏が僕のヴィンテージスウェットアーカイブの中のチャンピオン50年代のツインレイヤー外付けパーカを見てどうしてもこれをベースに製作したいとのお話になりこの現物になったというのが裏話です。少し思い入れのあるプロダクトになりましたね。。。気に入ってくださると嬉く思います。@鈴木さとし

おかげさまで大阪6周年

大阪もおかげさまで6周年を迎えることができました。これもひとえにみなさんのご愛顧の賜物と思っています。いつも本当にありがとうございます!!今年は福岡の名店16区のダックワースをお土産に大阪入りしました。15日からお買い物してくださった皆さんにお配りしておりますので、召し上がっていただけたら嬉しく思います。8月も折り返してしまいましたが、月末月初に向けてもう一山ありますのでお楽しみにしていてくださいね!まだちょい言えないのですが、とりあえず夏バテしませんように、、体力温存でお願いします!どうぞよろしくお願いします。 @鈴木さとし

MOGNO6レポートその2

なんと東京から8:30に並んでいただいたOさん、、、作家の内田洋一朗氏と記念撮影です。いつも本当にありがとうございます!来週土曜は東京でよろしくお願いします!本当に暑かったので熱中症にならないかと心配になりました。。。意中のものが購入できたようで良かったです。いつもお二人でありがとうございます!彼が仕事で来れないので代打でした。。。いつもありがとうございます!今回のプルオーバーパーカのブラックxブラックは作家の内田くんからのリクエストによって製作しました。。。本人が着たかったやつです。暗くなる頃には最後の1枚となり、、、名古屋から帰省されたMさんのもとに嫁いで行きました。。。昨年の福岡10周年で正面のガラスに内田くんにライブで描いてもらうイベントをやりました。今年、消してしまうのはあまりにも切なかったので、その後の1年として16カットしてみなさんの元に嫁がせていただけたらと思ってのこのイベントでした。企画に賛同してくださった関係者の皆さんありがとうございました!おかげさまで素晴らしいアート作品になったかと思います。このところ評価がぐんぐんと高まる内田洋一朗氏ですので今後の活躍がたいへん楽しみでもあります。そして2019年、LOOWHEELERブランド設立20周年に向けて、また何かできたらいいなと思っていますのでお楽しみにしていただけましたらと思います!@鈴木さとし

MOGNO6レポート

当日来れなかったみなさんへレポートです。。。8/13日曜朝一番手は8:30から並んでいただきました。。。当日の福岡は暑かったです。。。誠にありがとうございました!店内の様子です。実物は重量感あってすごい良い出来です。少しご紹介です。。。それぞれが。。。違いますので。。。世界にだたひとつ。。。だけですね。。。みなさんどれにするか。。。相当に悩まれて。。。いらっしゃいました。。。僕からするとそれぞれに思い入れがありすぎて、、これなんか30/30/6ですし。。。。選べません。。。矢印いい感じです。。。1枚のガラスを16分割したのですが、、、何カットか撮り忘れてるかも。。。ごめんなさい。。@鈴木さとし

MOGNO6パーカも!

続いてはLW264ベースのプルオーバーパーカです。カラーはグレーメランジに染み込みホワイトインクとブラックにブラックインクの2カラー、サイズはXS~XLまでの5サイズ、販売価格は18,000円(税抜)となります。フードと右袖にこんな感じでMOGNO6内田洋一朗氏のグラフィックが入ります。ブラックxブラックも格好良いですね。8/13日曜からの販売開始ですので、お時間ございますみなさん、ご来店いただけましたら嬉しく思います。また福岡店では8/13にこの2型以外に内田洋一朗さんのアート作品の販売を予定しています。少し高額ですがループウィラーとMOGNO6ファンにはたまらないモノではないかなと思います。明日12土曜日の18:00以降に自分のインスタグラムでお知らせできるかなと思っていますので、お楽しみにしていただけましたらと思います!@鈴木さとし